千曲ねこの会のブログ

2018年に発足したボランティア団体。人と猫が共生し、調和する快適な千曲市をめざして、地域・行政と一緒にがんばってます!

「しんけん動物病院」松木信賢先生

こんにちは、千曲ねこの会です! 

5月最終の日曜日も、市内各所に生息する飼い主のいない猫の不妊化手術でした。

不妊手術をしてあげたかったのだけど、さわることもできなくて困っています。」とご連絡をいただき、メンバーが捕獲のお手伝いをしています。

しかし、手術は私たちがするわけではありません。
手術をしてくださるのは、資格を持った獣医の先生です。
とてもありがたいことに、千曲ねこの会には何人か活動にご理解いただいている先生がいます。 

とりわけご協力いただいているのが、「しんけん動物病院」の松木信賢先生です。f:id:cumicumi100:20210602095309j:plain


長野県主催の猫の飼い方教室でもお馴染みの松木先生。
6月13日写真展2日目において、「地域の猫問題を解決するために」と題して、講演をお願いしました。

今回のブログは、松木先生のご紹介をさせていただきます。

 

松木先生は、2020年4月に県下初の移動手術車によるスペイクリニック(不妊化手術を専門におこなう)を開業されました。

松木先生が獣医師を志されたのは、高校生の頃。きっかけは、ご自分の愛犬を治療してあげたいと思われたことでした。

大学生になり獣医学科入学時に、とある県職員の方の記事を目にされました。

当時まだ大半が殺処分されていた飼い主のいない猫や、やむを得ない理由で収用された犬猫達が、なぜ?このような目に合わなくてならないのか切実に訴えた記事を読まれ。教官に疑問を訴えることもあったそうです。やがて、処分されている動物達を減らすような獣医師になりたいと思い描くようになられました。

その思いは、県外の動物病院で小動物臨床医を3年経験した後も続きました。

長野県に戻られた後、開業医として働くにはハードルがある中、行政という仕事が地域とと関わり、自分の思い描くものに近いのではないか?と考えられ。

長野県職員として再スタートを切られた後は、食肉衛生検査所、保健所(食品衛生、動物愛護担当)を経験されました。特に動物愛護担当時代に保健所に持ち込まれる犬猫の殺処分を苦しみながら経験するなか、適正な飼い方のできない飼い主、不幸な境遇におかれる動物達、そのために奮闘するボランティアの姿を目の当たりにしました。f:id:cumicumi100:20210602095455j:plain

その後県動物愛護センター、ハローアニマルに移動され、特に地域における猫の問題が大きいことを知られます。飼い方教室など適正飼育の啓発や地域猫活動に関わるボランティアとの交流を通じ、具体的にこの状況を変えていくために、自分は何ができるのか?何をすべきなのか?考えられたそうです。

そして松木先生が出した結論は、県職を辞め、移動手術車によるスペイクリニックを開業し、県内外を歩くことでした。f:id:cumicumi100:20210602103619j:plain

殺処分を少なくするために活動しているボランティア、地域住民を支援するために、底辺を支える獣医療をしていこうと。 

開業より現在まで飼い主のいない猫を中心に既に2,100頭以上もの不妊化手術を行われています。

特に私たち、千曲ねこの会とは、上山田温泉自治会の地域猫化手術にご尽力いただきました。

松木先生も、はじめは半信半疑で不妊化手術の為に猫の捕獲を始めた地域の方々が、今では取り組み時にあたり前のように談笑して参加している。まだまだ課題があるなかで、猫がそこにいる事が自然になっていく変化を大変喜ばれています。

飼い主のいない猫に子が産まれ、困って遺棄をしていたような時代ではありません。
不妊化手術を施し、適正に管理することで、猫と共存できる時代へ。
それを目指し、今日も先生は県内外を走られています。 

 

▼講演会詳細はこちら▼

「しんけん動物病院」松木信賢獣医師講演会

「地域の猫問題を解決する為に」

6月13日10:00~11:30 千曲市総合観光会館2階大会議室f:id:cumicumi100:20210602094753j:plain

楽天でのお買い物の際はこちら経由お願いします♪>

こちらのバナー経由で楽天にてお買い物いただくと、ご購入金額の数%が当会に入ります。
いただいた金額は、千曲ねこの会活動費に充てさせていただきます!
※ご購入者様のポイントが減ること、出費いただくことはありません

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ  にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ