千曲ねこの会のブログ

2018年に発足したボランティア団体。人と猫が共生し、調和する快適な千曲市をめざして、地域・行政と一緒にがんばってます!

エサやりさん、たおれる

こんにちは、千曲ねこの会です!

現在全国的にも、高齢の方が飼い主のいない猫へエサをあたえ、結果的に繁殖させてしまうケースがみられています。
おさみしいところに、庭先にあらわれたおなかを空かせた猫。
エサをあたえれば、喜んで毎日やってくるようになります。
とてもかわいらしい💕
しかし繁殖期には、新たに産まれたファミリーを引き連れてくるようになります。。。

はじめは4~5頭くらいでなんとかなっていたものの。次の季節には15頭に増えていたというケースもありました。

f:id:cumicumi100:20210429103428j:plain

実は、私達も粘り強く説得を続けていたお宅がありました。
決して生活が豊かとは、言えない状態でしたが施し嫌い、とても気高い方でした。

その方のお話から、人生にはいつも猫がいたことがわかりました。
いつも5~10頭で数の均衡がとれていたのは、子猫が野生動物に食べられていたからかもしれません。

ご本人がいくら拒否しても。このような方をあきらめてはいけないのです。
でも、どうしたら?

 

福祉を頼ることを拒むこの方には、今は寄り添うしかないと思いました。
このサイクルに終わりを迎えて、「不妊手術して良かったね」と言える日がいつか来るかと時折寄ってくれていた会員。
地区の民生委員さんとも顔なじみとなり、この方の見守りを続けました。

 

そろそろメス猫達のお腹も大きくなる頃だなぁ…という矢先…エサやりさんが倒れたと連絡が入りました。
庭先で倒れて、救急車で運ばれたそうで、民政委員さんいわく、「おそらく1週間持たない」と。

 

猫が残されないように、はやめに不妊化手術をするのは、このためなのです。
遠くに住むご親族は、「猫は、処分して」とおっしゃったとか😢
それならば、不妊化を施して、繁殖制限をし。適正管理するしか方法は、ないかと。
 
実は他の方がこのお宅の地権者だったため、やむを得ずお断りして不妊手術に踏み切りました。
医療にかけられなかったため、ひどいケガの治療ができていない猫もいました。f:id:cumicumi100:20210429103531j:plain

そして、手術当日の朝、捕獲した猫が5匹出産しました💦💦
子猫が産まれるのを楽しみにしていたあの方の思いをかなえるかのようでした。
産まれてきたのだから、幸せにならないと!f:id:cumicumi100:20210429103613j:plain

あの方が戻ってくる可能性は、ほぼありません。
地権者様の許可がおりたため、これから管理をしていきます。
ご近所の方にも、気にかけてくださる方がいます。
根気よく、地元の方と一緒に取り組んでいきたいと思います。f:id:cumicumi100:20210429113239j:plain
市内各所にこの様な場所が点在しています。
地元の方と一緒に活動してみたい方!
ぜひコメント欄やHPのお問い合わせフォーム、Facebookより、ご連絡をお待ちしています。

▼写真展募集▼

f:id:cumicumi100:20210413213017j:plain

千曲市クラウドやってます▼

 楽天でのお買い物の際はこちら経由でお願いします♪>

こちらのバナー経由で楽天にてお買い物いただくと、ご購入金額の数%が当会に入ります。
いただいた金額は、千曲ねこの会活動費に充てさせていただきます!
※ご購入者様のポイントが減ること、出費いただくことはありません

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ  にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ